違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ねぶた

その他の違い

『ねぶた』と『ねぷた』の違いをわかりやすく解説!祭りも違う?

青森県の祭りといえば『ねぶた』ですね。

その中でも、特に有名なのが青森市の『青森ねぶた』と弘前市の『弘前ねぷた』。

しかし、他にもたくさんの『ねぶた』『ねぷた』があります。

では、『ねぶた』と『ねぷた』では、いったい何が違うのでしょうか?

 

はなこ
去年、青森の『ねぶた』を見に行ったのよね。

今年も見に行きたいな。

『ねぶた』というと、青森市の祭りだね。
たろう
はなこ
いいえ、弘前市よ。
じゃあ、『ねぶた』じゃなくて『ねぷた』だね。
たろう
はなこ
『ねぶた』と『ねぷた』って何が違うの?
違いまでは僕もよく知らないな。

掛け声は違うみたいだけど。

たろう
はなこ
ふーん。

今年見る場所を決めるためにも、違いについて調べてみようかな。

 

今回は、『ねぶた』と『ねぷた』の違いについて解説します。

果たして、祭りの内容にも違いはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

『ねぶた』と『ねぷた』で祭りは違う?

『ねぶた』と『ねぷた』、祭りの内容も異なるのでしょうか?

『ねぶた』と『ねぷた』の違いは、よく『青森ねぶた』と『弘前ねぷた』の違いと混同されます。

 

『青森ねぶた』と『弘前ねぷた』の違いは、次の通りです。

『青森ねぶた』と『弘前ねぷた』の違い

  • 『青森ねぶた』は、山車に立体的で人形型の模型が、『弘前ねぷた』は、山車に平面的で扇型の模型が付けられる。
  • 『青森ねぶた』の掛け声は、『ラッセラー』、『弘前ねぷた』の掛け声は『ヤーヤドー』
  • 『青森ねぶた』は、引手という人たちが山車を引き、『弘前ねぷた』は子供たちが山車を引く。

『青森ねぶた』の場合、山車としては立体的で人形型の巨大な模型が有名ですよね。

一方、『弘前ねぷた』では平面的で扇型の模型になります。

また、『青森ねぶた』の掛け声は『ラッセラー』、『弘前ねぷた』の掛け声は『ヤーヤドー』です。

『青森ねぶた』は、引手という人たちが山車を引き、扇子持ちと呼ばれる人が指示を出します。

それに対して、『弘前ねぷた』は子供たちが山車を引きます。

『青森ねぶた』は踊りが激しく、盛り上がりがありますが、『弘前ねぷた』は比較的ゆったりとした祭りです。

 

以上の違いを、『ねぶた』と『ねぷた』の違いと混同している場合が多いようです。

しかし、これらはそれぞれの違いを表してはいません。

その証拠に、『青森ねぶた』『弘前ねぷた』と並んで『青森三大ねぶた』の1つに挙げられる、五所川原市の『五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)』を見ると

  • 山車の模型は立体的で人形型
  • 掛け声は『ヤッテマレ』

となっています。

 

はなこ
じゃあ、『ねぶた』と『ねぷた』の違いはいったい何なの?
その前に、『ねぶた』『ねぷた』の語源も気になるね。

いったい、どんな意味なんだろう?

たろう

 

『ねぶた』と『ねぷた』の違い

ねぶた祭りの山車

ねぶた祭りの山車

代表的な『ねぶた』と『ねぷた』では違いがありましたが、青森県内の各地で行われている『ねぶた』と『ねぷた』としての違いではありません。

そもそも、『ねぶた』『ねぷた』とは、どんな意味を持っているのでしょうか?

 

実は、『ねぶた』『ねぷた』の語源には諸説あります。

  • 眠たし(ねぶたし)
  • 合歓木(ねむのき、ねぶたのき)
  • 七夕(たなばた)
  • 荷札(にふだ)

語源にも一貫性がないので、結局はよく分からないというのが本当のところですね。

そして、『ねぶた』『ねぷた』は方言でもあります。

これが、『ねぶた』と『ねぷた』の違いを解く鍵になるのです。

 

『ねぶた』と『ねぷた』の違い、それは

『ねぶた』は青森市周辺と下北地方、『ねぷた』は弘前市を中心とした津軽地方の方言である。

という点です。

青森県内で、『ねぶた』『ねぷた』が行われている市町村と、その名前を見てみましょう。

青森市ねぶた
弘前市(津軽地方)ねぷた
五所川原市(津軽地方)ねぶた・ねぷた
黒石市(津軽地方)ねぷた
つがる市(津軽地方)ねぶた・ねぷた
平川市(津軽地方)ねぷた
むつ市(下北地方)ねぶた
鯵ヶ沢町(津軽地方)ねぷた
板柳町(津軽地方)ねぶた
田舎館村(津軽地方)ねぷた
今別町(津軽地方)ねぶた
深浦町(津軽地方)ねぶた・ねぷた
大間町(下北地方)ねぷた
大鰐町(津軽地方)ねぷた
風間浦村(下北地方)ねぷた
外ヶ浜町(津軽地方)ねぶた
中泊町(津軽地方)ねぶた
佐井村(下北地方)ねぷた
鶴田町(津軽地方)ねぷた
東通村(下北地方)ねぷた
藤崎町(津軽地方)ねぷた
平内町(津軽地方)ねぶた
横浜町(下北地方)ねぷた

意外にも、地方できれいに分かれているわけではなく、同じ市町内でも両方が混在している場合まであります。

 

はなこ
結局、方言の違いというだけで、祭りの違いではないみたいね。
近場の祭りに名前を合わせる場合もあるのかもね。

『大間町』と『風間浦村』は隣同士で、どちらも『ねぷた』だよね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『青森ねぶた』や『弘前ねぷた』など、行われる地域によって祭りの違いはあるが、『ねぶた』と『ねぷた』で明確な違いがあるわけではない
  • 『ねぶた』は、青森市周辺と下北地方、『ねぷた』は、弘前市を中心とした津軽地方の方言である。

『青森ねぶた』では、衣装さえ用意しておけば、誰でも気軽に踊りに参加できます。

ぜひ『ねぶた』や『ねぷた』を観に行ってみてください。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.