違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

カメラ

その他の違い

フォーサーズとマイクロフォーサーズの違いをわかりやすく解説

『フォーサーズ』と言えば、カメラに関する規格の一つです。

しかし、規格名に『マイクロフォーサーズ』もあって、その違いを知っている人は少ないのではないでしょうか。

この2つ、なにか関連性はあるのでしょうか?

 

はなこ
一眼レフのデジタルカメラを買おうと思っているの。

『マイクロフォーサーズ』機がいいって聞いたんだけど、それっていったい何なの?

『フォーサーズ』は聞いたことがあるけど、『マイクロフォーサーズ』はよく知らないな。

規格を表していると思ったけど。

たろう
はなこ
どんな規格なのかしら。

その2つの違いも含めて、少し調べてみましょうか。

 

今回は、『フォーサーズ』と『マイクロフォーサーズ』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『フォーサーズ』と『マイクロフォーサーズ』の特徴

『フォーサーズ』も『マイクロフォーサーズ』も、

デジタル一眼レフカメラの共通規格

のことです。

デジタルカメラには、フィルムにあたるイメージセンサーという部品があり、ここにレンズから光が照射されて画像に変換されますね。

昔の35mmフィルムに近いサイズのイメージセンサーを持った規格は、『35mmフルサイズ』と呼ばれます。

『35mmフルサイズ』は、

フィルムのカメラに近い写真を撮影できる

という点が大きなメリットです。

過去に35mmフィルムのカメラを使っていたユーザーにとって、近いイメージを撮影できる『35mmフルサイズ』は、最も使いやすいと感じるでしょう。

しかし、イメージセンサーが大きいため、コストが高くなり、歩留まりも悪いことから、非常に高価になるわけですね。

また、各部品が大きくなるため、カメラ全体としても大型で重くなるというデメリットがあります。

この問題を解消するため、各メーカーは様々なイメージセンサーのサイズを規格化しました。

その中で、

  • 日本の光学機器メーカーである『オリンパス』
  • アメリカのフィルムメーカー『コダック』

が共同で提唱したのが『フォーサーズ』と『マイクロフォーサーズ』です。

 

『35mmフルサイズ』のイメージセンサーの大きさは36mm x 24mmです。

それに対して『フォーサーズ』と『マイクロフォーサーズ』のイメージセンサーの大きさは17.3mm x 13mmになります。

『35mmフルサイズ』のイメージセンサーの縦横の比が3:2なのに対し、『フォーサーズ』と『マイクロフォーサーズ』では、約4:3になっていますね。

これは、モニタの縦横比に 4 : 3 が多いため、それに合わせたわけです。

この比率から、4/3型という名称(Four Thirds System)が付けられました。

縦横の大きさは『35mmフルサイズ』に比べて半分程度なので、かなり小型化されたことになります。

 

はなこ
『フォーサーズ』と『マイクロフォーサーズ』がどんなものなのかは、だいたい分かったけど、結局2つの違いって何なの?
じゃあ、次は両者の違いについて調べてみようか。
たろう

 

『フォーサーズ』と『マイクロフォーサーズ』の違い

カメラオタク

『フォーサーズ』も『マイクロフォーサーズ』も、イメージセンサーの大きさに違いはありません。

では、両者の違いはいったいどこにあるのでしょうか?

 

この2つの主な違いをまとめると、次のようになります。

『フォーサーズ』と『マイクロフォーサーズ』の違い

  • レンズのマウント径は、『フォーサーズ』が46mmで『マイクロフォーサーズ』が40mm
  • レンズのフランジバックは、『フォーサーズ』が38.67mmで『マイクロフォーサーズ』が20mm
  • レンズのマウント信号接点は、『フォーサーズ』が9ピンで『マイクロフォーサーズ』が11ピン
  • 『マイクロフォーサーズ』では、アスペクト比16:9を含む撮影画面サイズに対応している。

それでは、順番に細かく見てみましょう。

 

マウント径

マウント径とは、カメラにレンズを装着する部分の直径を表します。

マウント径が小さければ、それだけレンズの小型軽量化を図ることができるわけですね。

『フォーサーズ』に比べて、『マイクロフォーサーズ』は6mmの小型化を実現しています。

 

フランジバック

フランジバックは、レンズからイメージセンサーまでの距離を表します。

これが小さければ、レンズの長さを短くすることが可能ですね。

『マイクロフォーサーズ』は、『フォーサーズ』に比べて約半分程度、フランジバックが小さくなっています。

 

マウント信号接点

デジカメには、従来のカメラと異なり、動画撮影も可能な機種がありますよね。

一眼レフでもそういったニーズがあるため、データ送受の拡張ができるように、

『マイクロフォーサーズ』では信号接点の数を2ピン増やし、11ピンにしています。

 

アスペクト比

現在のモニタは、ハイビジョンの普及によって16:9の縦横比が多くなってきました。

これに対応するため、

『マイクロフォーサーズ』ではアスペクト比 4:3, 3:2 に加えて16:9にも対応できるようにしています。

 

はなこ
『マイクロフォーサーズ』は、カメラの小型軽量化に焦点を絞って決められた規格のようね。
従来の一眼レフは、すごく大きくて重いって印象が強いからね。

小型軽量化することは非常に重要なんだろうね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • レンズのマウント径は、『フォーサーズ』が46mmで、『マイクロフォーサーズ』が40mm
  • レンズのフランジバックは、『フォーサーズ』が38.67mmで、『マイクロフォーサーズ』が20mm
  • レンズのマウント信号接点は、『フォーサーズ』が9ピンで『マイクロフォーサーズ』が11ピン
  • 『マイクロフォーサーズ』では、アスペクト比16:9を含む撮影画面サイズに対応している。

『フォーサーズ』や『マイクロフォーサーズ』などの規格によって、一眼レフもアマチュアが購入を検討できるレベルまでコストが下がっています。

ぜひ購入を検討してみてください。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.