違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

警察官

その他の違い

公安と警察の違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方とは?

『公安』という言葉、刑事ドラマなんかを見ていると、よく登場しますよね。

でも、具体的にどんな組織なのか、知らない人は多いでしょう。

いったい、『公安』と『警察』では、何が異なるのでしょうか?

 

はなこ
刑事ドラマを見ていると、『公安課』って登場するじゃない?

あれって、『警察』とは別物なの?

たしか、『警察』の中でも特殊な組織だったと思うけど。
たろう
はなこ
どんな仕事をしているの?
詳しいことは知らないけど、『警察』の管理とかしているんじゃなかったかな?
たろう
はなこ
それだけなの?

もっと色々と仕事を持っていそうな気がするけどな。

 

今回は、『公安』と『警察』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『公安』『警察』とは?

まずは、『公安』と『警察』それぞれについて見てみましょう。

 

『公安』とは?

『公安』は、正式名称を『公安警察』といいます。

『警察』の一部門であり、国外に対しては対日工作などを、また国内では危険な組織、右翼団体などを対象に捜査や情報収集などを行う組織です。

つまり、

  • 政府に対する犯罪
  • 反社会的な活動

を取り締まり、

公共の安全と秩序を守る

ことを目的としているわけですね。

 

『警察』とは?

『警察』については、よく知っていますよね。

犯罪を取り締まり、

個人の安全・秩序を守る

ことを目的とした組織を指します。

昔は、他国との軍事も国内の治安維持も軍隊が担っていました。

しかし、近代になって軍事と治安維持の両方に専門性が高まりました。

そのため、その両方を軍隊だけで行うことは効率的ではないと判断されるようになります。

そこで、治安維持のための組織を軍隊から分化して誕生したのが『警察』です。

 

『公安』と『警察』の違い

『公安』と『警察』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『公安』と『警察』の違い

  • 『公安』は、『警察』の中の組織である。
  • 『公安』は、公共の安全・秩序を守ることが目的、『警察』は個人の安全・秩序を守ることが目的である。
  • 『警察』を管理する組織は『公安委員会』である。
  • 『警察』は、仕事の内容が広く知られているが、『公安』の仕事は正確には分からない

それでは、順番に細かく見てみましょう。

 

組織について

『公安』は、『警察』組織の中の一部門です。

『公安』と『警察』が分かれているのではなく、『警察』の中に『公安』が含まれるということになりますね。

そういう意味では、

『公安』は『警察』である

とも言えます。

 

目的の違い

『公安』は、公共の安全・秩序を守ることが目的です。

ですから、政府に対して犯罪を行ったり、反社会的な活動を行う組織を取り締まることを重点としています。

それに対して、

『警察』は、個人の安全・秩序を守ることが目的です。

なので、窃盗などの個人を対象とした犯罪を取り締まることが主な役割になります。

 

公安委員会

『公安委員会』とは、警察を管理する機関のことです。

例えば、警察が政府などの組織と癒着していないか、反社会的勢力に情報をリークしていないかなど、警察自体を取り締まるのが主な役割になります。

それだけでなく、次の仕事も請け負っています。

  • 自動車の運転免許の管理
  • 風俗営業の取り締まり
  • 交通規制
  • 銃砲・刀剣等の所持の管理

 

仕事の内容

『公安』が実際にどんな活動をしているか、正確に知ることはできません。

なぜなら、その活動は大半が極秘任務だからです。

反社会的勢力など、危険だと見なされた組織・団体をマークし、調査するのが主な任務ですが、それらを公にすることはありません。

その他に、様々な情報収集を行っている場合もありますね。

 

『警察』の場合、その仕事の内容は明らかです。

生活安全課

身近な生活の安全を守ることを目的とした課です。

防犯の呼びかけやストーカーなどの相談、夜に少年・少女を補導するのもこの課の役割になります。

 

地域警察部門

交番などに勤務し、道案内などの問い合わせ対応や職務質問を主な役割としています。

いわゆる交番勤務のお巡りさんですね。

市民にとって、最も身近な存在であると言えるでしょう。

 

警備部門

テロなどに対して、重要人物を警護する任務を持っています。

海外からの要人などを護衛する人をテレビ等で見たことはあるでしょう。

その役割を持つ人が所属しているのが、この部門です。

 

交通部門

交通安全を守る取り組みをしているのが、この部門になります。

速度違反の取り締まりや交通安全指導、暴走族対策などはこの部門が行うわけですね。

 

総務部門

どの会社にも必ず存在するのが総務ですね。

警察官の労働環境を整えたり、会計や広報などを行うのがこの部門になります。

 

はなこ
『公安』の仕事は、あまり公にはされていないのね。
それだけ重要な職務ということかな?
たろう

 

『公安』と『警察』の使い分け方

警視庁

警視庁

『公安』と『警察』は、どのように使い分ければいいでしょうか?

まず、あなたが接する『警察』関係の人が『公安』である可能性は、非常に少ないでしょう。

交番に勤務するお巡りさんは『警察』の地域警察部門です。

交通取り締まりで対応する人も『警察』の交通部門です。

何らかのトラブルがあって、『警察』に相談する時、お世話になるのは生活安全課の人たちですね。

ですから、ほとんどの場合は『警察』という言葉を使えば問題ありません。

 

しかし、普段お世話になる人で、『公安』関係の場合がひとつだけあります。

自動車の運転免許証の書き換え時、免許証を発行するのは『公安委員会』の仕事ですね。

 

ところで、『公安』は『警察』の組織に含まれるのでしたね。

ですから、はっきりと分からないときは『警察』という言葉を使っておけば問題ありませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『公安』は、『警察』の中の組織である。
  • 『公安』は、公共の安全・秩序を守ることが目的、『警察』は個人の安全・秩序を守ることが目的である。
  • 『警察』を管理する組織は『公安委員会』である。
  • 『警察』は、仕事の内容が広く知られているが、『公安』の仕事は正確には分からない

『公安』も『警察』も、市民の暮らしを守るために、毎日大変な仕事をこなしています。

見かけたら、感謝するようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.