違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

Linux

ITの違い

Ubuntuの32bitと64bitの違いをわかりやすく解説!選び方をチェック

Linuxのディストリビューションとして人気の高い『Ubuntu』。

インストールのときに悩むのが、『32bit』と『64bit』のどちらを入れればよいか、という点ですね。

『32bit』と『64bit』では、果たしてどんな違いがあるのでしょうか?

 

はなこ
『Ubuntu』をインストールしたいんだけど、『32bit』と『64bit』の2種類があるでしょ?

どっちを入れればいいのかな?

それは『64bit』のほうじゃないの?
たろう
はなこ
でも、家のパソコンは古いから、互換性が気になるのよね。
どっちも、そんなに変わらないだろうから、気になるなら『32bit』でもいいんじゃない?
たろう
はなこ
本当に変わらないのかしら?

やっぱり、きちんと調べておこうかな。

 

今回は、『Ubuntu』の『32bit』と『64bit』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

【Ubuntu】『32bit』と『64bit』の違い

そもそも、『32bit』と『64bit』では、いったい何が違うのでしょうか?

コンピューターの心臓部と言えるのはCPUですね。

様々な計算処理は、このCPU上で行われます。

CPUが一度に計算できる数値の桁数は決まっていて、その桁数は通常、2進数で表されます。

2進数とは、0と1からなる数のことです。

いつも使っている普通の数値は、0から9までの10個の数字で表現できるので10進数になりますね。

2進数で、32桁の数値までが計算できるCPUを『32bit』CPUといいます。

2進数で、64桁の数値までが計算できるCPUを『64bit』CPUといいます。

 

『bit』について、詳しく説明されたサイトがありますので、以下のページを参考にして下さい。

関連記事
CPU
32bitと64bitの違いをわかりやすく解説!メリットとデメリットを紹介

Windowsに32bit版と64bit版があることを知っていますか?   はなこよく32bit版だとか64bit版と聞くけど、結局なにが違うの? よくわからないけど、最近は64bit版の方 ...

続きを見る

 

よって、CPUに『32bit』と『64bit』があるように、『Ubuntu』にも『32bit』と『64bit』があると考えれば分かりやすいですね。

それぞれの主な違いをまとめると、次になります。

『Ubuntu』の『32bit』と『64bit』の違い

  • 『32bit』版の『Ubuntu』は『32bit』CPUと『64bit』CPUのどちらでも動作するが、『64bit』版の『Ubuntu』は『64bit』CPUでしか動作しない
  • 『32bit』版の『Ubuntu』上では『64bit』版のアプリケーションは動作しないが、『64bit』版の『Ubuntu』上では『32bit』版のアプリケーションもほぼ全て動作する

それでは、順番に細かく見てみましょう。

 

対応するCPUの違い

『32bit』版の『Ubuntu』は、『32bit』『64bit』どちらのCPUでも動作します。

しかし、

『64bit』版の『Ubuntu』は、『64bit』CPU上でしか動作しません。

 

使用中のパソコンが古いと、CPUは『32bit』である可能性があります。

特に、『Ubuntu』を使う主な理由に、古くなったパソコンの再利用という場合は多いですよね。

ですから、パソコンのCPUが『32bit』か『64bit』か、あらかじめきちんと確認しておきましょう。

 

対応するアプリケーションの違い

CPUやOSに『32bit』『64bit』があるように、アプリケーションにも『32bit』『64bit』の両方があります。

『32bit』版の『Ubuntu』上で動作するアプリケーションは『32bit』版のみです。

それに対して、

『64bit』版の『Ubuntu』上では、『64bit』版はもちろん、『32bit』版のアプリケーションもほぼ全て動作します。

 

しかし、一部の『32bit』版アプリケーションでは、『64bit』版『Ubuntu』上で動作しない場合もあります。

 

『Ubuntu』で利用するアプリケーションの大半はオープンソースであり、通常は『32bit』『64bit』の両方が用意されています。

ですから、問題になることはまずありません。

 

はなこ
ちょっと待って。

『32bit』Windowsって、メモリが4GBしか使えないのよね。

『Ubuntu』の場合はどうなんだろう?
たろう

 

『32bit』Windowsでは、メモリが4GBしか使えないという制約がありました。

関連記事
Windows8
WindowsOSの32bit版と64bit版の違いを解説!おすすめはどちら?

Windowsに、『32bit版』と『64bit版』があるのは知っていますか?   はなここの間、Windowsをインストールしようと思ったんだけど、『32bit版』と『64bit版』の2種 ...

続きを見る

これは、『32bit』CPUが認識できるメモリが4GBまでという制約なので、『Ubuntu』も同様の制限に引っかかりそうですよね。

ところが、『32bit』Ubuntuでは64GBのメモリまで認識することができます。

実は、IntelのCPUには『PAE(Physical Address Extension)』という仕組みがあり、これにより64GBのメモリまで認識することが可能なのです。

『32bit』Ubuntuは、この『PAE』に対応していることから、4GB以上のメモリが認識できるということですね。

 

【Ubuntu】『32bit』『64bit』の選び方

Ubuntu

Ubuntu

さて、『32bit』と『64bit』、どちらの『Ubuntu』を選ぶほうがいいのでしょうか?

実は、これには様々な意見があります。

  • 『64bit』版プログラムは、『32bit』版プログラムより約50%多くメモリを消費する
  • 『64bit』CPUはレジスタの数が多く、その分、メモリへのアクセスも少なくなる
  • 『64bit』CPUのほうが計算効率はよい

一般的には、搭載しているメモリによって切り替えるのがよいでしょう。

  • メモリが2GB以下なら『32bit』版のほうが有利
  • メモリが4GBを超えると『64bit』版のほうが有利

 

ところが、

『Ubuntu』のLTS(Long-term Support)最新版である『Ubuntu 18.04LTS』に『32bit』版は存在しません。

つまり、

最新版を使うなら『64bit』を使ってね

ということです。

『32bit』版が存在するのは前のバージョンの『16.04』までになります。

どうしても『32bit』版でなければ、という人は、1つ前のバージョンを使うしかないわけですね。

 

はなこ
パソコンを買い直したほうがいいのかしら?
メモリが少ないなら、そのほうがいいだろうね。

少なくとも、最新バージョンの『Ubuntu』を使いたいならね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『32bit』版の『Ubuntu』は、『32bit』CPUと『64bit』CPUのどちらでも動作するが、『64bit』版の『Ubuntu』は『64bit』CPUでしか動作しない
  • 『32bit』版の『Ubuntu』上では、『64bit』版のアプリケーションは動作しないが、『64bit』版の『Ubuntu』上では『32bit』版のアプリケーションもほぼ全て動作する
  • 『Ubuntu』の場合、メモリ4GB以下の制約については考えなくてよい

LinuxはWindowsより軽いという印象が強いですが、『Ubuntu』の場合、それは当てはまりません。

それなりのスペックのパソコンは必要になるので、注意しましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.