違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

インストール

ITの違い

【IT】キッティングとセットアップの違いをわかりやすく解説【PC】

最近では、パソコンの『キッティング』を専門に行う業者がいます。

この『キッティング』という言葉、『セットアップ』と混同している人も多いのではないでしょうか。

『キッティング』と『セットアップ』では、いったい何が違うのでしょう?

 

はなこ
今度、新しく配属される人のためにパソコンの『キッティング』をしなきゃならないのよね。
何台くらい?
たろう
はなこ
30台以上よ。

今、手順書をまとめてるところなの。

それは大変だな。
たろう
はなこ
ところで、『キッティング』って『セットアップ』と何が違うんだろう?
『キッティング』はハードで、『セットアップ』はソフトじゃないの?
たろう
はなこ
あら、『キッティング』でもソフトのインストールなんかはするわよ。

気になるから、ちょっと調べてみようかな。

 

今回は、『キッティング』と『セットアップ』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『キッティング』『セットアップ』の意味

そもそも、『キッティング』と『セットアップ』は、どんな意味を持っているのでしょうか?

 

『キッティング』とは?

『キッティング』は、パソコンの導入時に実施する『セットアップ』作業のことです。

主に、次の作業が行われますね。

  • マウスやキーボードなどの配線
  • OSのインストール
  • アプリケーションのインストール
  • 各種設定作業

もちろん、場合によっては作業不要な項目もあります。

例えば、OSがプリインストールされていれば、OSのインストールは不要ですね。

一般に『キッティング』は、一度に大量のパソコンに対して実施することが多く、単純作業ながら非常に時間がかかるため、多くの企業でコストの削減が課題となっています。

 

『セットアップ』とは?

『セットアップ』は、パソコンや、その中にインストールするアプリケーションなどを使える状態にすることです。

次の作業は、全て『セットアップ』になりますね。

  • マウスやキーボードなどの配線
  • OSのインストール
  • アプリケーションのインストール
  • 各種設定作業

 

はなこ
ちょっと待って、『キッティング』と『セットアップ』は、どちらもすることは同じじゃないの?
そうだね、全く一緒だね。

じゃあ、この2つは何が違うんだろう?

たろう

 

『キッティング』と『セットアップ』の違い

『キッティング』と『セットアップ』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『キッティング』と『セットアップ』の違い

  • 『キッティング』は、『セットアップ』の一種である。
  • 『キッティング』は、複数のパソコンを一度に立ち上げる作業であり、『セットアップ』は単にパソコンを立ち上げる作業を表す。
  • 『キッティング』は企業内での作業であり、『セットアップ』は個人でも行われる作業である。

それでは、順番に細かく見てみましょう。

 

『キッティング』は『セットアップ』の一種

『キッティング』は、『セットアップ』の一種です。

つまり、行う作業はどちらも同じということになります。

同じ作業なのに、『キッティング』と『セットアップ』の2つの言葉があるなんて変ですよね。

どこかに違いがあるはず。

その違いについて深堀りしてみましょう。

 

対象は何?

一般に、

『キッティング』を行う対象は、複数のパソコンです。

それに対して、

『セットアップ』は、単なるパソコンの立ち上げを表します。

例えば、仕事に使うパソコンを100台立ち上げなければならないとしましょう。

100台のパソコンを立ち上げる作業は『キッティング』です。

その中の1台を立ち上げるのが『セットアップ』になります。

 

どこが立ち上げるのか?

『キッティング』を行うのは、主に企業です。

個人で100台もパソコンを立ち上げるなんてことは、普通ではありえませんよね。

『セットアップ』は、個人でも行われます。

自分が使うパソコンを立ち上げたり、必要なアプリケーションをインストールするのは『セットアップ』ですね。

 

はなこ
企業が一度にたくさんのパソコンを『セットアップ』するのが『キッティング』ということなのね。
でも、別に『セットアップ』という言葉を使ってもよさそうだよね。

わざわざどうして、違う言葉にしたんだろう?

たろう

 

『キッティング』の重要性

DVDドライブ

どうして、わざわざ『キッティング』という言葉を使うのでしょうか?

実は、

企業において、『キッティング』作業を実施するためのコストは無視できないくらい大きいのです。

『セットアップ』作業は、やり方が決まっていれば単純作業になりますよね。

しかし、大きな企業ではその台数が非常に多いので、人手が多く必要になる問題が生じます。

 

仮に、1台のパソコンを『セットアップ』するのに、1時間程度かかると仮定しましょう。

100台のパソコンを『セットアップ』するためには、単純計算で100時間も必要な計算になります。

1日8時間働くとすれば、12.5人日のコストが必要なわけですね。

もちろん、流れ作業で行えば、並行して作業することができますから、もっと時間が短縮できるでしょう。

しかし、それにも限界があります。

また、やり方によっては、『セットアップ』をするのに1時間では足りない場合もあるでしょう。

通常、『セットアップ』時間を短縮するために、次の対応は必須となります。

  • すでにアップデート・アプリケーションのインストールなどを済ませたOSのイメージの作成
  • 設定作業の簡素化(設定用ファイル・レジストリの事前準備など)

OSをはじめからインストールすると、アップデートの作業やアプリケーションのインストールなど、おまけの作業がたくさん必要になります。

その場合、とても1時間で『セットアップ』を終了させることなど不可能でしょう。

あらかじめ、必要なアップデートやアプリケーションのインストールを行ったOSのイメージを作っておき、それをクローンすることで立ち上げるわけです。

設定作業も、GUIで一つずつ行うのは時間のロスにつながります。

あらかじめファイルなどで準備できるものは、すべて作っておくのです。

 

こういった作業を専門で行う業者もあります。

自社で行うよりも、業者に任せたほうが、コストとしては下がる場合もあります。

こういったキッティングサービスを利用している企業も増えていますね。

 

はなこ
なるほどね。

『キッティング』自体が、企業にとっては無視できない作業になるのね。

だから、わざわざ『キッティング』と呼んでいるわけか。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『キッティング』は、『セットアップ』の一種である。
  • 『キッティング』は、複数のパソコンを一度に立ち上げる作業であり、『セットアップ』は単にパソコンを立ち上げる作業を表す。
  • 『キッティング』は企業内での作業であり、『セットアップ』は個人でも行われる作業である。

もし、会社の中で『キッティング』作業のコスト削減を考えているのなら、代行サービスを検討することは十分に価値があるでしょう。

もしかしたら、参考になる良い方法を教えてもらえる、いい機会となるかも知れませんよ。

関連記事

-ITの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.