違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

スポーツの違い

西愛知と東愛知の区切り・境目はどこ?高校野球の分け方をチェック

更新日:

高校野球で、激戦地区とされている中に、

『愛知県』

があります。

 

愛知には、戦国時代でも有名な、

『尾張・三河』

という地域があり、それが野球に少なからず関係しているのです。

実際、記念大会で2地区に分けられるときも、

『西に尾張、東に三河』

といった分け方をしています。

 

戦国ファンで野球好きなら、

『戦国時代さながらのテンション』

で、試合を観ることが出来るでしょう。

 

今回は、そんな愛知における、

『西愛知と東愛知の区切り』

について紹介します。

愛知県における高校野球が気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

高校野球における西愛知と東愛知の区切りや分け方、境目とは?

愛知県における、高校野球の区切りが行われる際は、冒頭で紹介したように、

『西に尾張、東に三河』

といった分け方をしています。

 

この分け方は、

『歴史的に、最も自然な分け方』

という認識から、このような形になっているのです。

西愛知に属する地域

西愛知に属する地域は、

  • 名古屋地区
  • 尾張地区

となります。

 

一見すると、少ないように見えますが、愛知県は、

『名古屋地区に強豪が集まっている』

という特徴があります。

ここ数年の、甲子園出場校も、2代表制の場合を除けば、

『西愛知が独占している』

状態となっています。

東愛知に属する地域

次に、東愛知に属する地域を紹介します。

東愛知は、

  • 東三河地区
  • 西三河地区
  • 知多地区

となります。

 

歴史に沿って、

『西が尾張で、東が三河』

といった分け方になっているのです。

 

実際、名古屋地区が含まれる西愛知が有利とされることが多いのですが、東愛知にも、

  • 豊田工
  • 西尾東
  • 愛産大三河
  • 豊橋中央

といった、甲子園で8強や4強まで勝ち進む高校があります。

2018年の記念大会では、

『愛産大三河』

が、西愛知の愛工大名電とともに、甲子園出場を果たしています。

 

名古屋強しと言えども、

『高校野球は、何が起こるか分からない』

ため、東愛知にも、十分チャンスがあるでしょう。

 

愛知は、有名武将の生まれた土地

武将

先程から出てきている、

『尾張・三河』

というのは、昔にあった国を表しています。

 

特に、戦国時代では有名な土地であり、

『日本を代表する武将』

が誕生した土地でもあるのです。

尾張は、織田信長が誕生した土地

尾張という国は、戦国時代に活躍した、

『織田信長』

が誕生した土地となります。

 

知らない人がいないと言われるくらい、有名な戦国武将であり、

『本能寺の変』

と聞けば、誰でも分かるくらいの有名人です。

その性格は、かなり苛烈であると知られ、

  • 桶狭間の戦い
  • 長篠の戦い
  • 比叡山焼き討ち

など、その力を存分に発揮した戦が目立つ人物です。

 

また、部下にも、

  • 豊臣秀吉
  • 竹中半兵衛
  • 黒田官兵衛
  • 柴田勝家

など、その名が轟く武将が多くいました。

このような、知略に優れ、勇猛果敢な武将がいた土地であることからも、

『尾張を含む西愛知』

には、その地を受け継ぐ人が多いと言えるでしょう。

 

時代が流れ、戦いがなくなったとしても、

『野球という別の戦い』

で、西愛知は強豪揃いだと言えるのです。

三河は、江戸を興した徳川家康出身の土地

尾張の凄さが際立っていますが、東愛知にある三河は、

『日本の歴史に、多大な影響を与えた人物』

が誕生した土地となります。

 

その人は、江戸幕府初代将軍、

『徳川家康』

です。

 

もはや、知らない人の方が珍しい人物であり、

『今日の日本に、多大な影響を与えている』

まさに、英雄と呼べる人なのです。

 

徳川家康と言えば、

『江戸幕府』

が思い浮かぶと思いますが、実際は、三河生まれということを覚えておきましょう。

 

そして、徳川家康は、

『我慢強い』

ことでも有名な武将となります。

家康は、元々、

『幼少時代から人質として過ごしてきた』

という経緯があります。

 

今川義元と聞けば、知っている人も多いと思いますが、

『駿府(現在の静岡)』

にいた武将であり、東海一の弓取りと呼ばれた人物で、家康を人質としていました。

後に、織田信長との戦で敗れ、家康が解放されるのですが、この後、

『織田と徳川で同盟を結んでいる』

ことから、これは実質の部下扱いとなっていました。

 

織田信長が、本能寺の変で亡くなった後は、後を継いだ豊臣秀吉に、

『また、部下として仕える』

ことになります。

その後、秀吉が天下統一を果たし、亡くなった後、

『後を継ぎ、関ヶ原の戦いで勝利』

したため、戦国時代を終わらせ、江戸幕府を開くことになったのです。

 

このように、我慢に我慢を重ねて、

『ようやく天下統一を果たした人物』

が生まれた土地、それが三河なのです。

 

現在、愛知における高校野球は、

『東の三河より、西の尾張』

となっています。

ですが、徳川家康のように、

『着々と力を蓄えつつ、いつか天下を奪い返す』

日が来るかもしれません。

 

徳川の系譜を継いでいる土地であるため、

『これからの奮戦』

に期待が持てる地区と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『西愛知と東愛知は、歴史を超えた戦いを行っている地域』

ということが言えます。

 

あくまで、戦国時代の話であり、

『現代の人に、尾張と三河の系譜は関係ない』

と言えるかもしれません。

ですが、その土地で生まれた人は、

『少なからず、昔の人の意志を感じている』

ことがあります。

 

特に、愛知に生まれた武将は、

『天下を争った人物が多い』

ため、野球でも、その意志を無意識のうちに継いでいるかもしれません。

実際、激戦地区であることに変わりないため、

『愛知県勢の活躍』

には、期待を持っていきたいですね。

関連記事
東東京と西東京の区切り・境目はどこ?高校野球での分け方もチェック

日本の首都と言えば、 『東京』 ということは、誰もが知っていることになります。   ですが、この東京は、昔から、 『東東京・西東京』 に分けられることがよくあります。 これは、人口密集地であ ...

続きを見る

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.