違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

大阪

スポーツの違い

北大阪と南大阪の区切り・境目はどこ?高校野球の分け方をチェック

更新日:

高校野球の歴史の中でも、

『大阪』

は、毎年注目されている地区であり、甲子園でもかなり活躍しています。

 

予選大会も、かなりの激戦になるため、

『大阪代表になるのは、かなり困難な道』

となるのです。

ですが、10年単位で行われる記念大会では、

『2代表制』

が採用されるため、大阪が2地区に分割されます。

 

この年は、全ての高校にとって、

『甲子園に出場できるチャンス』

であり、どこも気合が入っています。

 

そこで、今回は、

『大阪における2代表制』

について紹介します。

北大阪と南大阪で分けられているので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

高校野球における北大阪と南大阪の区切りや分け方、境目は?

高校野球の中でも、屈指の激戦地区である大阪ですが、記念大会のときは、

『北大阪と南大阪』

に分けられることになります。

 

大阪における区切り方は、少々ややこしく、

『大阪市と大阪市以外』

で、それぞれ分け方が異なります。

北大阪の区切り方

まず、北大阪の区切り方を紹介します。

北大阪の区切り方としては、まず、

『大阪市を北と南に分ける』

ことから始まります。

 

大阪市の北に区分されるのは、

  • 鶴見区
  • 中央区
  • 城東区
  • 旭区
  • 東淀川区
  • 西区
  • 都島区
  • 港区
  • 北区
  • 福島区
  • 此花区
  • 淀川区
  • 西淀川区
  • 東成区

となります。

 

大阪市内の区分に加えて、次は、

『大阪市以外』

の地域を北と南に分けることで、大阪を2地区に分けているのです。

 

大阪市以外における北大阪は、

『大東市から北』

となります。

ここが境目です。

これらを全て合わせると、

『約90校』

となり、北大阪が揃うということなのです。

南大阪の区切り方

次に、南大阪について紹介します。

南大阪も、まずは、

『大阪市を南北に分ける』

ことから始めます。

 

大阪市の南に区分されている地区は、

  • 大正区
  • 住之江区
  • 西成区
  • 浪速区
  • 住吉区
  • 阿倍野区
  • 天王寺区
  • 生野区
  • 平野区
  • 東住吉区

となります。

 

これに加えて、大阪市以外で、

『東大阪市から南』を境目にした地区

が、南大阪です。

参加校は、

『約95校』

となり、北大阪と合わせると約185校あまりが参加しているのです。

 

北大阪の有力高校

北大阪と南大阪の区切り、境目について紹介しました。

どちらにしても、高校数が多く、

『かなりの激戦地』

となることは避けられません。

 

特に、北大阪には、

『大阪桐蔭』

という、波に乗っている高校が君臨しています。

 

2018年の第100回大会でも優勝しており、

『現代における最強候補』

だと言えるでしょう。

そして、この大阪桐蔭を破るために奮戦しているのが、

『履正社』

となります。

 

大阪の高校野球においては、この2校が凌ぎを削ることが多く、

『甲子園出場の鉄板』

なのです。

ですが、層が厚い大阪では、

『他の強豪チーム』

も、この2校を脅かす存在になることもあります。

 

主な高校を挙げると、

  • 関西創価
  • 四条畷
  • 市岡
  • 桜宮
  • 汎愛
  • 関大北陽
  • 関大一
  • 寝屋川
  • 吹田
  • 早稲田摂陵
  • 槻の木

などがあります。

 

これだけの強豪校が挙げられるのですが、これはあくまで、

『北大阪における氷山の一角』

に過ぎません。

 

他にも、実力伯仲の高校が多くあり、

『1つの油断ですぐに敗北してしまう』

可能性も十分にあります。

それだけ、大阪は、

『勝ち抜くことが難しい地区』

となっているのです。

 

南大阪の有力高校

次に、南大阪について紹介します。

とは言っても、北大阪に、

『大阪桐蔭と履正社』

という二大巨頭が揃っている以上、南大阪の予想は難しいものとなっています。

 

直近の結果だけを見れば、2018年に甲子園に出場した、

『近代附』

が挙げられます。

ですが、これ以外にも、

  • 大浪商
  • 河南
  • 佐野
  • 初芝立命館
  • 泉陽
  • 登美丘
  • 興國
  • 八尾
  • 大塚
  • 大阪偕成学園
  • 近代泉州
  • 阪南大高
  • 大商大堺

など、強豪校がひしめいています。

 

はっきり言って、どこが勝ち抜いてもおかしくありません。

『北大阪以上に激戦になる』

可能性が多いです。

予想が出来ない、白熱した試合が見たい人であれば、

『南大阪』

を見てみるのも良いでしょう。

 

北大阪・南大阪はともに勝ち抜くのは難しい地区

野球

北大阪と南大阪の有力高校を紹介しました。

これらを見て分かるとおり、高校野球において、

『大阪地区は、勝ち抜くのが非常に難しい』

ということが言えます。

 

また、さらに勝ち抜きを難しくしているのが、

『ノーシード制』

です。

 

大抵の地区は、シードが決まっているのですが、

『大阪は、シード校が1つもない』

ため、大会では、全ての高校が同じスタートラインから始まります。

純粋な力比べをするなら、ノーシードは最適ですが、

『やる方からすれば、かなりキツイ』

と感じるものになります。

 

ある意味、このノーシード制が、

『大阪地区の強さ』

に繋がっているのかもしれません。

 

シード校というのは、言ってみれば、

『勝ち抜きにおいて、最も重要な体力面を温存できる制度』

となります。

高校野球の試合日程は、場合によっては、

『5~6連戦は当たり前』

なので、選手の疲労がかなり大きいのです。

 

どれだけ優秀な選手でも、疲れが出ることは必須で、特に、

『毎試合登板する投手』

などは、体を壊す選手が少なからず出てきます。

 

逆に言うと、それだけしなければ、

『甲子園には出場できない』

ということなので、大阪の選手は、死に物狂いで戦っているのです。

そういった背景も考慮しながら、高校野球・大阪大会を観てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『大阪は、北・南ともに激戦地区となっている』

ということが言えます。

 

かつて、甲子園で活躍した、

『PL学園』

をはじめ、大阪は、全国でも屈指の強豪校が揃っている地区です。

その為、甲子園に出るためには、

『実力と勝負運』

がなければ、なかなか勝ち進むのは難しくなるでしょう。

 

逆に言えば、それだけ、

『見ごたえのある試合ばかり』

なので、野球ファンとしては嬉しいものとなります。

激戦を勝ち抜いてきた高校が、甲子園でどう活躍するのか楽しみですね。

関連記事
東東京と西東京の区切り・境目はどこ?高校野球での分け方もチェック

日本の首都と言えば、 『東京』 ということは、誰もが知っていることになります。   ですが、この東京は、昔から、 『東東京・西東京』 に分けられることがよくあります。 これは、人口密集地であ ...

続きを見る

関連記事

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.