違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

スポーツの違い

東兵庫と西兵庫の区切り・境目はどこ?高校野球の分け方をチェック

更新日:

高校野球では、10年毎に、

『記念大会』

が開催され、参加校が増枠されています。

 

増枠される地区は、主に、

『予選大会に参加する高校が多い地区』

となり、東西または南北に分けられることになっています。

そんな中、参加校が多い地区として、

『兵庫県』

も、毎回挙げられます。

 

学校数が多い兵庫県は、必然的に、

『激戦地区』

となるため、誰もが必死になって試合を勝ち抜こうとしているのです。

そこで、今回は、

『兵庫県における区切り』

について紹介します。

スポンサーリンク

高校野球における東兵庫と西兵庫の区切りや分け方、境目とは?

兵庫県では、主に、

『東兵庫と西兵庫に、地区が分けられる』

ことになります。

 

東兵庫の方が、西兵庫に比べて、

『若干数少ない』

のですが、勢力的には東有利と言えるでしょう。

東兵庫の区切り方

勢力的に、西兵庫より強いとされる東兵庫ですが、区切り方としては、

『阪神地区、神戸地区』

となっています。

 

神戸市を中心とした区切り方であり、

『地区としては、それほど大きくない』

ため、覚えやすいでしょう。

 

参加総数は、およそ、

『70校』

あたりで推移しており、地区面積から見れば、数が多くなっています。

兵庫の都心部なので、それだけ、

『高校が多くなっている』

ことが要因です。

西兵庫の区切り方

次に、西兵庫の区切り方を紹介します。

西兵庫は、

『阪神・神戸地区以外』

を指しており、兵庫県の大部分を占めています。

 

区分は、

  • 播淡地区
  • 西播地区
  • 但丹地区

となります。

 

参加校は、およそ、

『90校』

あたりとなり、東兵庫よりも数が多くなっています。

学校数だけで見れば、

『東兵庫よりも約20校多い』

のですが、甲子園に出場した回数では負けているのです。

それだけ、東兵庫のレベルが高いことが分かるでしょう。

 

東兵庫の有力高校

兵庫県における、高校野球の区切り方を紹介しました。

都心部と、それ以外の地域で分けられており、

『数だけ見れば、西兵庫の方が多い』

ということが分かるでしょう。

 

ですが、甲子園まで行ける高校は、

『東兵庫の方が多い傾向がある』

と言えます。

優勝候補は、報徳学園

兵庫県において、甲子園でよく見る名前と言えば、

『報徳学園』

となります。

 

初めて、甲子園に出場したのが、

『1961年』

となっており、かなりの古豪と言えるでしょう。

この時代から、今までで、

『15回』

夏の甲子園大会に出場しています。

 

ちなみに、春と合わせると、

『36回』

になり、かなりの甲子園常連校と言えるのです。

 

伝統と実績を兼ね備えた高校である、報徳学園は、

『全国でも知らない人は少ない』

ほど有名であり、他の高校が、常にマークしている学校となります。

 

最近では、他の高校に後れを取ることもありますが、

『兵庫を代表する強豪校』

と言えるでしょう。

他の高校も、強豪が揃っている

兵庫と言えば、報徳学園と紹介しましたが、

『他の高校も、強豪が揃っている』

ため、侮ることは出来ません。

 

例を挙げると、

  • 関西学院
  • 甲南
  • 仁川学院
  • 市立尼崎
  • 尼崎小田
  • 川西明峰
  • 神戸国際大附
  • 育英
  • 滝川第二
  • 神港学園
  • 神戸弘陵

などがあります。

 

特に、最近では、

『関西学園、市立尼崎、滝川第二、神戸国大附』

は、報徳学園を抑えて、県代表になった実績があります。

 

盤石な基盤を持つ高校が多く、

『かなりの激戦地区』

であることは間違いないでしょう。

 

西兵庫の有力高校

東兵庫の有力高校を紹介しました。

本命の報徳学園を筆頭に、

『多くの強豪校がひしめいている』

ため、なかなか一筋縄ではいかない地区となっています。

 

ですが、西兵庫も、

『東兵庫に負けず劣らずの激戦地区』

となっています。

筆頭格は、明石商

西兵庫における、筆頭格は、

『明石商』

となります。

 

ここ数年間で、頭角を現している高校であり、2018年の記念大会では、

『兵庫県代表』

として、報徳学園と共に、甲子園出場を果たしています。

実績こそ、上位陣に後れを取っていますが、

『今後、さらに力をつけてくるのは間違いない』

ため、目が離せない存在となっています。

他の高校も、強豪揃い

西兵庫における、他の強豪校を挙げると、

  • 加古川北
  • 加古川東
  • 加古川西
  • 西脇工
  • 東洋大姫路
  • 三木
  • 洲本
  • 姫路工
  • 姫路南
  • 市川
  • 三田学園
  • 柏原
  • 篠山鳳鳴
  • 三田松聖

などがあります。

 

直近で言えば、

  • 東洋大姫路
  • 西脇工
  • 加古川北

が、夏の甲子園出場を果たしています。

 

東兵庫と比べると、

『後1歩、及んでいない』

と思われることも多いですが、それも少しの差となっています。

 

実際、激戦地区になっていることは間違いないので、

『今後の動き次第で、勢力図が塗り替わる』

ことも、十分考えられます。

都市部に対する意地もあるため、これからも頑張って欲しいところですね。

 

甲子園での、さらなる活躍を期待していきたい

野球

 

兵庫県における、最近の甲子園戦績は、

『ベスト8が最高』

となっています。

 

2010年に、報徳学園が、

『ベスト4』

になっていますが、それ以外では、目立った成績が残せていないのが現状です。

その背景には、

『他県への戦力流出』

が騒がれており、これにより、レベルの維持が難しくなっているのです。

 

とは言っても、まだまだ意気軒高の学校は多く、

『何かのきっかけで、爆発する可能性は高い』

ため、これからの活躍には、十分期待できるでしょう。

先程紹介した、

『明石商』

などは、勢いがある高校です。

報徳学園と並んで兵庫県の星となるかもしれません。

これからも、兵庫県の活躍から目が離せませんね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『東兵庫・西兵庫ともに、激戦地区となっている』

ということが言えます。

 

やはり、兵庫のように、

『学校数が多い地区』

は、激戦地になることが多く、各高校の戦力も高くなっています。

また、過去の実績が高い学校も多く、

『勝ち抜くことが、とても困難になっている』

ようです。

 

兵庫県も多くの強豪校がひしめいており、

『どの高校が勝ち上がってくるか分からない』

ため、今後の動きから目が離せませんね。

関連記事
東東京と西東京の区切り・境目はどこ?高校野球での分け方もチェック

日本の首都と言えば、 『東京』 ということは、誰もが知っていることになります。   ですが、この東京は、昔から、 『東東京・西東京』 に分けられることがよくあります。 これは、人口密集地であ ...

続きを見る

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.