違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

妻・嫁・家内・奥さん・女房 違い

その他の違い

嫁/妻/奥さん/家内/女房の違いを解説!呼び方の正しい使い分けをチェック

投稿日:

結婚すると、女の人は、

『妻・嫁・家内・奥さん・女房』

といったように、色んな呼び方で呼ばれることが多くなります。

 

人それぞれ、好きな呼び方をしているのですが、実は、これらの言葉には、

『正しい使い分け』

があります。

あまり深く考えずに使われている呼び方であっても、

『意味を知っている人にとっては、気になることもある』

ため、なかなか無視できないと言えるでしょう。

 

そこで、今回は、

『嫁・妻・奥さん・家内・女房の違い』

について解説します。

正しい使い分けをしてみたい人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

嫁・妻・奥さん・家内・女房の違いと使い分け方

自分または他人に対して、

『結婚した相手を呼ぶときの呼称』

は、人や状況によって使い分けられるようになっています。

 

今でこそ、あまり気にせず呼ばれるようになっていますが、一昔前には、

『呼び方一つで、不仲になる』

といったこともあり、それなりに気をつけなければならないものでした。

また、今でも、

『姑や上司が、呼び方を気にする』

など、昔からの習慣を持っている人にあっては、注意されることもあるのです。

 

そのため、それぞれの呼称は、

『出来るだけ使い分けられるようにするべき』

だと言えるでしょう。

嫁は『婿の対義語』

まず、嫁について解説します。

嫁とは、簡単に言うと、

『"婿"の対義語であり、夫の親が使う言葉』

となります。

 

使い方の例としては、

  • 嫁が来る
  • 息子が嫁をもらう
  • 嫁と息子の仲は良い

などがあります。

 

そのため、基本的には、

『夫本人が使う言葉ではない』

ということです。

 

ですが、実際のところ、

『新婚時の妻を、嫁と呼ぶこともある』

ため、基準が曖昧になっているともいえます。

言葉の上では、

『嫁の対義語が婿』

なので、夫が妻のことを『嫁』と呼ぶのは、少し語弊はあるが許容範囲内ということです。

 

あまり、神経質に考える必要はないですが、

『妻を嫁と呼べるのは、基本的に親だけ』

ということを覚えておきましょう。

妻は『最も正しい呼び方』

次に、妻について解説します。

妻は、簡単に言うと、

『最も基本で、正しい言葉』

となります。

 

まず、夫の対義語が、

『妻』

である以上、この言葉は、夫婦間で呼ぶ呼称として正しいと言えます。

 

また、妻という言葉は、

『遥か昔から使われ続けてきた』

ため、これが最も浸透していると言えるでしょう。

 

ちなみに、妻という言葉は、

『さい』

という読み方が、一般的でした。

ですが、明治時代頃から、

『つま』

と呼ばれるようになり、それが今日まで続いているのです。

 

誰かに紹介するとき、呼称に困ったら、とりあえず、

『私の妻です』

と、答えておいて問題ないでしょう。

奥さんは『他人の妻に使う呼び方』

次に、奥さんについて解説します。

奥さんは、簡単に言うと、

『第3者の妻を呼ぶときに使う呼び方』

となります。

 

元々は、

『奥方』

という呼び方なのですが、それを少し崩したものだと言えます。

ニュアンスとしては、

『相手に対する尊敬の念を込めた呼び方』

となっており、基本的に、相手の妻に対してしか使うことはありません。

 

つまり、

『自分の妻に、奥さんは使わない』

ということです。

たまに、

「私の奥さんが〜」

という使い方をしている人を見ますが、これは使い方として間違いであるため、使わない方が良いでしょう。

 

言葉の由来と意味を知っていれば、

『使い分けは容易』

なので、しっかりと覚えておくことをおすすめします。

家内は『少しへり下った紹介をするときの呼び方』

次に、家内について解説します。

家内とは、簡単に言うと、

『自分の妻を紹介するとき、少しへり下った呼び方』

となります。

 

そもそも、この呼び方は、

『家の中にいる妻』

という意味を込めて、相手に使われるようになったものです。

 

これは、

『男は仕事、女は家事』

といった、昔からの風習によるものとなっています。

そのため、使う人は、

『年配の人が中心』

となっていて、若い人はあまり使うことはないようです。

 

今の時代、

『男女平等』

が基本になっていることから、こういった呼び方は減少傾向にあります。

 

このまま、男女平等社会が進んでいけば、

『家内という言葉自体が、なくなる可能性もある』

ため、頭の片隅に置いておく程度に、覚えておきましょう。

女房は『現代では、あまり好まれない言葉』

次に、女房について解説します。

女房とは、簡単に言うと、

『親しい間柄で使われる呼び方』

となります。

 

そもそも、女房という言葉は、

『女性の使用人が使っていた部屋』

のことを指しています。

ですが、次第に、

『使用人の女性本人を指す』

ようになり、今でも残っている言葉となっているのです。

 

とは言え、使用人という意味がある以上、

『男女平等が中心となっている現代には、あまりそぐわない言葉』

となりつつあるようです。

 

実際、

『私の女房が〜』

というふうに使うと、正しい意味としては自分の使用人の女性となってしまいます。

これは、

『女性に対する差別表現になりかねない』

ため、あまり好ましいとは言えないでしょう。

 

使うなとは言いませんが、

『あまり使わない方が良い言葉』

であることを、覚えておいてください。

 

妻・妻・奥さん・女房・家内の使い分けは、しっかりと

妻・嫁・家内・奥さん・女房 使い分ける

嫁・妻・奥さん・家内・女房について解説してきました。

ここまでの内容を見ると、

『それぞれの言葉に、別々の意味が込められている』

ことが分かります。

 

ですが、実際のところ、

『現代にはそぐわない言葉』

も含まれているため、意味の把握はやっておいた方が良いと言えるのです。

嫁・妻・奥さんあたりが妥当である

それぞれの言葉の意味を踏まえると、

『嫁・妻・奥さん』

あたりを使い分ける方が、無難であると言えます。

 

これら3つの言葉なら、使い方を間違えなければ、

『相手が不快になる可能性が低い』

と言えます。

 

ですが、残りの、

『家内・女房』

に関しては、時代錯誤とも言える意味を含むため、あまり使わない方が賢明です。

実際、使っている人を見ても、

『明らかに年配の世代がほとんど』

であり、若い人が使う場面はないと言えるでしょう。

 

これは、

『昔から使われてきた言葉が、どれだけ浸透しているかどうか』

で、世代間の認識が違うためだと考えられます。

 

どのみち、家内・女房に関しては、

『次第に使われなくなる言葉』

と思われるので、これからも使わずにおく方が良いでしょう。

下手に使って、

『相手が意味を知っている』

ようなことがあれば、不快に感じさせてしまうことになりかねません。

 

日本語は、同じようなニュアンスの言葉が多いですが、

『意味を理解して使わないと、思わぬ落とし穴にハマる可能性がある』

ため、注意することをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『呼び方が違うのは、それ相応の理由が存在する』

ということが言えます。

 

自分や誰かが結婚すると、

『妻の話をする機会が多くなる』

のですが、呼び方の違いで、険悪な雰囲気になることもあります。

また、年配の人と会話するときにも、

『呼び方によって、気分を害してしまう』

ことも、実際には起きている事実です。

 

そのため、些細な違いかもしれませんが、

『それぞれの言葉の意味を理解する』

ことで、無用な衝突を避けることに繋がるのです。

今後の人間関係のためにも、正しい使い分けが出来るようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.